SSブログ
前の2件 | -

キャラ先・スジ先 と ひと区切り [日誌]

presentation_pc_man2.png
前回まで3回に渡り
「キャラ先・スジ先」について書いてきました。

――自分なりに書きあげた脚本が数本あるけど
執筆工程中、何となく上手くいかないなと思ったり
完成した脚本も、どこかいびつだなと感じていて
だけど、一体、何が足りないのかわからない――
そんな時は、自分が「キャラ先」なのか「スジ先」なのか
俯瞰で見てみるといいかもしれません。

キャラ造形からアプローチして脚本作りをしてるなら
プロット構成をざっくりでいいから練ってみる。
逆にプロット構成からアプローチして脚本作りをしてるなら
キャラ造形にもっと時間を割いてみる。
コツは ”ちょっとずつ” です。
まだ初心者段階なのに、いきなり
キャラもプロットもどっちも完璧に練ってから書く!
と勢い込んでしまうと
練りに練ったキャラとプロットゆえに
シナリオに起こす技量が追いつかずに完成を断念するか
いつまで経っても書き始めることができなくなるか
どっちにしろ、そんな初心者あるあるに陥ってしまいます。

komatta_man2.png

ならば、まずは自分の立ち位置を見極めて
そこから足りないところを少しずつ補完するようにすれば
比較的スムーズに上手くなっていくと思います。

(もちろんキャラ先・スジ先を極める方向で
 脚本作りをしていくのもありだと思います。
 極めていく行程のなかで、キャラ先の人が
 自分なりのプロット構成の法則を見つけることも
 あるでしょうし、スジ先の人が各キャラを引き立たせる技術
 を確立することもあるでしょう)

で、そんな
キャラ先+プロット(仮) あるいは
スジ先+キャラ(仮) というアプローチを使っていくと
どうなるかというと
城戸賞で準入賞を果たせるぐらいにはなれます。
こんな感じの作品です――「ハムラビ」第39回城戸賞 準入賞

なんだよ「準」かよ!入選じゃねーのかよ
入選してから偉そうなこと言えよ!

という声が聞こえてきそうですが
私は心に棚があるので
そういう声はそこに一旦、置いときます。
これがベストな方法だというわけじゃなくて
こういう方法もあるから、興味あったら試してみてね
というスタンスです。

いやはや、それにしても早いもので
準入賞してからすでに6年が経ちました。
その時、副賞として腕時計をもらったんですが
今にして思うと
受賞効能には賞味期限があるので時間を大切にしろ
ということなんでしょうね。
その頂いた腕時計は3年前には電池が切れて
動かなくなってます。

watch_face_arm_woman.png

そんなこんなで、腕時計の電池が切れた頃
そろそろ店じまいの潮時なのでは
と一瞬思ったりもしたんですが
どうせ店をたたむなら
心残りないように書いてからだな
と思ってました。
幸いにして、腕時計の電池が切れたあとも
お仕事のお話は来ていたので
今までやってこれた訳ですが
ここ1、2年、いろいろあったりなかったりの中
ちょっとこれ厳しいなと感じるアレコレがあり
一回、リセットするためにも
今までのなんやかんやを盛り込み
個人的思い入れを前面に出した脚本を書くことにしました。

これで最後になるかもしれないし
ここからまた始まるかもしれない
とにかく、これを書いておかないと
どっちにも進めない
そう思って
プロットライターや企画書作成など引き受けず
脚本執筆に集中しました。

3ヶ月後、完成した脚本を城戸賞に応募しました。
前回、準入賞した時はリライトを数回重ねましたが
今回は思い入れ前面の作品なので、リライトなしです。
荒削りのまま応募してしまいましたが
それで良かったと思ってます。
この脚本をリライトしてブラッシュアップしたり
応募せずに大切にしまっておいたりしたら
書いた意味がなくなってしまう。
むきだしのまま応募してこそ完結する
そう思ったんです。

ここ数年抱え込んでた色んなものを
きちんと言葉にしてみないと
どもこもならん。
そういった思いやらなんやらに
きちんと一回さよならしとかないといけない。
やめるにしろ、続けるにしろ
とにかく脚本として形にしとかないと
次にいけない、前に進めない
そう感じました。
なので、題名は「さよならの風景」
登場人物たちそれぞれの、さよならの風景を描いた作品です。

そして先日、城戸賞の選考結果が発表されました。
入選は該当作なしでした。準入賞・佳作の中に私の名前はなく
私の「さよならの風景」は二次審査通過で終了してました。

実は、がっかりするよりも
よくぞ、この作品を二次審査まで通過させてくれたなぁ
という感想の方が大きかったです。

もし、一次審査すら通っていなかったり
逆に入選を果たしていたりしたら
もう店じまいすることにしたかもしれません。

個人的な思い入れだけで書いた作品なので
全く評価されない可能性高いだろうなと思いつつも
応募してこそ完結する作品なので、応募しました。
すると、確かに入賞するような作品ではないんだけれど
何かを感じてくれた選者の方たちがいて
二次審査まで通過させてくれました。
感謝してます。

出来不出来、採用不採用は度外視して
これだけは言いたいんだ!というのは
脚本に込めると、誰かに伝わるものだなぁ
と、実感しました。

結果、なんだか少し前向きな気持ちを取り戻しました。
これでおしまいになるかも、と思ってたんですが
まだどうしても書いておきたいやつが残ってますし
なによりまだまだ全力を出し切ってないことに気づきました。
まだ真っ白な灰になってないんだよ、おっつぁん。

sports_boxing_corner_man_second.png

それに、まだお声がかかってるうちは店じまいできません。
お仕事で声をかけてもらえるのは、ありがたいですね。
もっと感謝したいので
もっと頻繁にお声がけしてくれてもいいんですよ。
お仕事のご依頼はツイッターのDMか
パソコン版で当ブログを見ると
サイドバーにメールフォームがありますので
そちらから、ご連絡お願い致します。

シナリオ作法カテゴリの記事に対しての質問や
その他お問い合わせなども受け付けてます。
よろしくお願いします

rakugo_rei_oldman.png

そんなこんなの「さよならの風景」という作品ですが
せっかくなので「 film buyer 」というサイトに投稿しましたので
興味のある方は読んでみてください――「film buyer」さよならの風景

二次審査通過作品の20本のうちのひとつです。
自分のと比べてみて、いま自分のスキルがどの辺なのか測ってみるのに
いいかもしれません。

読んでいただけるとわかると思いますが
設定や題材などが、さすがにこれを最終候補作に残さないだろうな
という作品なので、二次審査止まりで納得です。
読む人が読んだら、怒り出すんじゃないか
というセリフもありますし
脚本家目指す人たちが応募してくる場なのに
こんなちゃぶ台ひっくり返すようなやつダメだろ
と突っ込まれておしまいかもなぁ、と思ってました。
それでも、底にある何かを汲み取ってくれた人が
二次審査まで通してくれたんでしょうね。
先ほども書きましたが、感謝してます。
ありがとうございます。

たぶん1月中には、城戸賞のホームページで
最終候補作品をPDFで公開すると思いますので
それらの作品と読み比べてみるのもいいんじゃないでしょうか。
最終候補に残るには、何が足りなくて何が過剰だったのか
読み比べて、自分なりに研究するにはいい教材だと思います。

思い入れを前面に出すと心に決めて
思いのままに書き散らしても矩を超えず
さほど破綻せずに脚本としての体裁を保つことができたのは
今まで培ってきたシナリオ作法が身についていたからです。
なので、前回まで3回に渡りお伝えしたシナリオ作法についても
ある程度の効力がある、と実証できてるんじゃないでしょうか。

まだ初心者の方で、ちょっと迷ってる悩んでるという人は
キャラ先・スジ先+(仮)システムアプローチを試してみるのも
いいかもしれませんよ。

それはそうと
城戸賞の選考結果発表を見たら
懐かしい名前をお見かけしました。
林田麻美さん。(関連記事)
第39回の城戸賞で最終候補に残り
その後、佳作、準入賞と積み重ねてきた実力者です。
受賞パーティや、交流会でご一緒したことがありますが
とても聡明な方という印象でした。
そんな彼女は、今回も最終候補に残っておりました。
今度こそ入選を果たすんじゃないか、と思ってましたが
残念ながら、入選ならず。
それでも佳作を獲得しておりました。
すごいです。

でも本人は入選狙ってるわけですからね
……悔しかったんじゃないでしょうか。
力のある人ですから、いつか、入選するんじゃないかと思ってます
林田さんが何年にも渡り応募し続け
クオリティも高いものを描き続けているのをみると
自分も頑張らねば、と思わせてくれます。

新しい才能を見つけるという目的の他に
「映画化可能なオリジナル脚本の発掘の場」
という側面が、城戸賞にはあるんだと勝手に思ってます。
なので、私も良いモチーフが見つかったらまた応募しようと思います。

とにもかくにも
自分的にひと区切りついたので
また新たな気持ちで頑張っていこうと思います。

では、また


nice!(27) 
共通テーマ:映画

キャラ先とスジ先3 [シナリオ作法]

さて、前回、前々回に続き、キャラ先・スジ先について、です。

  ちなみに「キャラ先・スジ先」は
  私が勝手に言ってる用語ですので
  よそで使っても通用しませんので
  くれぐれもお気をつけください

さてさて
脚本を書くアプローチとして
キャラ先・スジ先という方法があるけれど
一長一短なのでどっちにするか迷うよねぇ……と前回お話しました。
monogatari_king_arthur_sword.png

たとえ、自分はキャラ先が得意だし好きなんだ!という人も
いやいや、スジ先が合理的だと思うし書きやすいよ!という人も
得意なことを伸ばすのはいいことですが
弱点を補うのもまた必要です。

だったら両方のイイとこ取りすればいんじゃね?

キャラクターのプロフィールや履歴書をしっかり作ってから
きっちりかっちりプロットを構築する。
――なんだ簡単じゃん!

いやいやいや。
確かに
ベテランと言われるほどに脚本を書きなれてきたなら
自然とハコ書きも頭の中で出来るようになり
キャラ先で始めても、おおよその地図を持ちつつ
迷子にならず書き進められることができるでしょう。
しかし
ついこないだコンクールに応募したのが一作目です!
という人は、そうもいかないと思います。
car_syoshinsya_mark.png

キャラクターを先に深掘りして作り込めば
あとで組み立てたプロットに収まらない動きをしちゃうし
先にプロットをしっかり練って組み立てれば
あとで配置するキャラクターをそこに押し込もうとするあまり
矛盾だらけで設定ブレブレ御都合主義キャラに……。

結局、キャラ先でアプローチしたら
最後までキャラ優先のストーリー展開となり
面白さはその時その時の運任せで不安定
スジ先でアプローチしたら
最後までキャラはストーリーに追われる存在となり
決まりきった動きとセリフしか許されないキャラは
その魅力に欠けてしまい、その結果
あらすじは面白くても、脚本としての面白さはイマイチ……
なんてことになってしまいがち。

そうこうしてるうちに
自分はキャラ先派だ、スジ先派だ、と固定化し
あまつさえ他のやり方は邪道だなんだと拒否反応を
示してしまうようになっていき、不毛な罵り合いを……
って、そんな事態は避けたいですよね。
キャラ先・スジ先は脚本を書くためのアプローチであって
どっち派が正しいのかで争うためのものではありません。

とはいえ、書いていくうちに
それぞれのデメリットにひっかかったりして
自分のやり方は間違ってるんじゃないかと
迷ったり悩んだりするもの。
特にシナリオスクールに通わず
独学でやってる人たちは悩むんじゃないでしょうか。
私自身も、独学でやってきたので
どっちがいいのか手探り状態を続けてました。
megane_sagasu_odeko_man.png

ちなみに
私が最初に脚本を書いた時は、キャラ先でした。
但し、ざっくりとしたキャラ先。
おおよその性格と背景を設定したら
あとは舞台設定の中に放り込んで
平日にあれこれ展開やシーンやセリフを練ってメモしといて
土日に脚本として書いていく、という執筆スタイルでした。
2ヶ月ほどで書き上げて初めてシナリオコンクールに応募しました。

この時は一部の審査員に熱烈支持されることとなりましたが
残念ながら大賞を受賞することはありませんでした。

でも、それを機会に声をかけてもらい
脚本の仕事を始めることになりますから
「これは大賞向きの作品じゃないんで今回やめとこうかな」
――という考えが一瞬あたまをよぎっても
全力で書いて出来映えにある程度満足してるなら
そのテイストにハマる監督やプロデューサーが読む可能性あります。
ですので、臆せず応募した方がいいと思いますよ。

声をかけられて以降、脚本作りの現場に出るわけですが
どうにもこうにもキャラ先アプローチ一本で通すのは
限界があるな、と感じました。
kabe_tachimukau.png

最初の頃は、作品のおおもとのアイデアを監督から提示され
私が、がっちりキャラ設定を作り込んだら
それをもとに監督と二人三脚、ストーリー展開を練っていく
という形で仕事をしてました。
実際、それで脚本家デビューを果たすんですが
相性のいい監督やプロデューサーばかりと仕事する訳ではありません。
作品を良くするための衝突ならいいんですが
お互いが目指す作品イメージが固まらない決められない――
どちらかが軌道修正しようとしても主導権争いのようになってしまい
結局、なにも決まらない……などの不毛な衝突をするチームの場合
このやり方は時間がかかって仕方ないですし
最悪、誰もが着地点がわからなくなり、企画自体が空中分解……
ということになってしまいます。

障害はそれだけではなく
大人の事情でプロット変更を余儀なくされることもありますし
そのセリフはちょっと……と役者さんからNGが出ることもあります。
そんな時、最初のキャラ設定とずれてしまうから直せない、とか
あるいは、最初にきっちり組み上げたプロットとずれてしまうから
そういう書き直し案には答えられません!
などと、きっぱり言えない場面が多々あります。

そんなこんなで悪戦苦闘しつつも
実戦の中で学んでいくわけですが
キャラ先・スジ先どっちもやってみて
どうにか上手くハイブリッドができないかと
試行錯誤してきました。
で、上記に書いたような失敗がありつつも
これならば、と思うような方法を見つけました。
monogatari_king_arthur-1.png

それは
(仮)システム
です。
どういうことかと言いますと
キャラ先が得意な人は、いつも通りキャラをきちんと作り込み
そのあとでプロットを組む。
しかしそれは、がっちり揺るがせのないもの、ではなく
プロット(仮)
といった感じのもの。

スジ先が得意な人は同様にプロットをしっかりと作り込み
そのあとで、キャラ設定(仮) を作って配置します。

あくまで (仮) です。
必要に応じて、柔軟に変更するので【カッコ仮】です。

完璧なアプローチを求めるあまり
どちらもガチガチに固めてしまい
結果、ぶつかりあって上手くいかないならば
そんな無理をせず
どちらかに重心を置けばいいんです。
そしてもう一方は、臨機応変に対応させる。
軸足はひとつでいいんです。
でないと、前にも進めないし、何かあった時に対処できません。
kung-fu_man.png

キャラ先アプローチする時は
描きたい人物がいる、ということですので
キャラの生き様を効果的に描くためならば
プロットの方を変えてしまっていいですし
スジ先アプローチする時は
語りたいストーリーがあるということでしょうから
物語のテーマがしっかり伝わるためなら
キャラ設定を臨機応変にあてはめていく。

キャラ先・スジ先それぞれが
お互いを効果的に引き立てるように
補完し合うわけです。
これならキャラ先でストーリー展開で迷子になることも
スジ先でキャラクターの魅力不足に困ることも
確実に少なくなります。

例えば
桃から生まれた男が村を救うために鬼と戦う話を描きたい
というスジ先アプローチの物語の場合
monogatari_momotarou_solo.png
男をサポートする仲間を(仮)設定して書き進めます。
しかし途中で、主人公の特殊な生い立ちに対して
仲間のキャラが立ってないことに気づく。
――引き立て役が地味過ぎてもつまりませんからね。
ならば、と仮設定の仲間キャラを
インパクトのあるキャラに変えてしまいます。
いっそ人間ではなく、犬・猿・キジなどの動物にしてしまおう。
そうすれば主人公グループの特殊性が浮き彫りになるので
恐ろしい鬼にも対抗できる説得力が出ますし
キャラクターたちの魅力も増してくるわけです。
monogatari_momotarou.png

もひとつ、例えば
キャラ先アプローチによって、若者の漁師で心優しいけれど
楽しいことがあると夢中になりがちな男、を作ったとします。
それをもとに、彼が亀を助けて竜宮城に行く
というプロット(仮)を組みます。
しかし、それだけでは物足りないな……と思ったら
一度組んだからといって固執せずに
プロットを少し変えればいいんです。
なんせ(仮)ですから、遠慮はいりません。
ここでは、亀から恩返しをされてめでたしめでたし、ではなく
キャラ先で作った設定を、より活かすために
竜宮城での宴が楽しすぎて夢中になり
地上では長い年月が経ってしまっていた……
というラストに変えてみます。
するとキャラに沿いつつも意外なラストとなり
不思議な後味の物語となります。
urashimatarou.png

あくまで(仮)なので、ラストすら変えたって構わないんです。
キャラ設定だって大胆に変えてもいいんです。
キャラ先・スジ先の完全ハイブリッドを目指すから
あれこれ上手くいかないわけで
この(仮)システムならば、やりやすいんじゃないでしょうか。
私の経験上、もっとも良さげな脚本執筆アプローチ
だと思ってます。

そんなやり方、言われなくても分かってるわ!
という方もいるでしょうが
キャラ先にしようかスジ先にしようか迷ったり悩んでる時は
意外と、どちらかに囚われてしまいがち。
一度、自分のやり方は、こっちがいいんだ!と思い込むと
なかなか抜け出せなかったりします。
でも、どちらか一方のアプローチよりも
両方できた方がいいですよね。
そして、どちらかをしっかりと作り上げる人は
もう一方もしっかり作り上げねば!と思いがち。
でも、両立させようと頑張り過ぎて立ち行かなくなっては本末転倒
そういった意味でも
こうして言葉にすることで意識させることは必要だったりします。
軸足はひとつだけでいいよ。
あとのひとつは(仮)でいいんだよ。
いきなり両方完璧にやらなくていいよ――と。

大事なのは、キャラクター頼み一本、プロット頼み一本という風に
どちらかひとつに頼り切ってしまうのは得策ではありません。
キャラクターがしっかり描けていて
筋立ても申し分ない――それが理想な訳です。

しかし、両立しようとすると何故か上手くいかない
という人もいます。――私もそうでした。
そういう時は、まずはこの(仮)システムを試してみてください。

もちろん
自分のやり方が確立していて
それで上手く機能している、という方は
その方法を貫いてもらえばいいと思います。

しかし、そうではない、という人もいます。
そんな壁にぶつかった時
シナリオスクールに通ってる人なら
講師の方に聞くのが一番でしょう。
しかし、独学でシナリオを書いている、という人は
そうもいきませんよね。
自分で試行錯誤するのもいいですけど
そうこうしてるうちに
どんどんデビューが遅れてしまい
同世代どんどんデビューするわ活躍するわ
焦る焦る焦る。あああああ。
sick_panic_woman.png
すでに誰かがやってみて良さげな方法があるなら
聞いてみたいぃぃ。――そんな時あります。

そんな時は
今回の記事を思い出してもらえたらな
と思って書きました。
もちろん、これが正解、というわけではありません。
このやり方を叩き台にして
自分独自の書き方を見出す一助にしてもらえればいいな。
そう思っております。
hanami_engawa_man.png

nice!(20) 
共通テーマ:映画
前の2件 | -